「安心」 と 「賑わい」 のある暮らし
〜 80歳からの住まい 〜

サービス付き高齢者向け住宅「さがの福寿苑」

介護が必要な方も安心です。

誰しも最期のときまで自宅で暮らしたいと思うものですが、実際に介護を必要とするお体になった場合、何かしらのサポートが必要になります。
さがの福寿苑は介護が必要な方も安心して暮らしていただける「サ高住」です。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とは?

  • 『ご自宅+在宅介護サービス』

    訪問介護やデイサービスなどの介護サービスを利用しながらご自宅で暮らす。

    ご家族の協力や利用できる社会資源に限りがあり、不安や危険を感じることが多くなる。
    また、介護保険の限度額を超えた場合の経済的負担や、ご家族の介護疲れが心配される。

  • 『シニア分譲マンション』

    フロントサービスが充実していたり、お部屋に緊急呼び出しボタンが設置されているなど、ご高齢の方が一定の安心感をもつことができる分譲マンション。

    高額な購入費用が必要。基本的に、介護サービスを必要とする身体状況になると、ご自宅同様生活の継続が困難になる場合がある。

  • 『サ高住』

    基本的に「賃貸住宅」であり、介護が必要な方は、住宅に付帯しているサービス、もしくは外部の在宅介護サービスを利用して生活する。

    法令により最低限「生活相談」と「状況把握」は義務付けられているが、それ以上のサービスは運営法人により異なる。

  • 『有料老人ホーム』

    介護サービスの付いていない、お元気な方向けのものから、介護の付いたものまで、その形態はさまざま。

    一般的に、入居時に数十万から数千万円の費用が必要になる。

  • 『特別養護老人ホーム』

    一般的に「老人ホーム」と呼ばれるもの。公共性の高い法人が運営しており、施設として介護を行ってくれる。
    減免措置(条件あり)を利用できれば比較的費用が安い。

    待機者が非常に多く、申し込んでもすぐには入居できなことが多い。
    重度の要介護状態でないと入居できない。